投稿

【名称を決める時】

イメージ
ご覧いただきありがとうございます。
MAP経営システム開発グループの森脇です。

以前の記事で私の行動指針について触れたことがありました。

【ブログ名】 『有限実効』は私の行動指針(個人版クレドのようなもの)の1つにある 『有限実効の反復こそプロであると心得よ』の一部分を抜き取ったものです。
今回はこの行動指針について少し詳しく書いてみようと思います。

作成の経緯 私の行動指針先述した通り、個人版クレドみたいなもので
現状で17か条あります。
その一つが『有限実効の反復こそプロであると心得よ』となります。
他には『全てのモノに感謝』とか『声援ではなく応援を』とかそんな文章が並びます。
全て書くと長くなるのでまた別の機会に...。

元々は行動指針を作るぞ!、とかクレド作ってみよう!とか思って作ったわけではなく、
この言葉によって自分は奮い立つぞ!という言葉を明文化しようと思ったのがきっかけです。
先ほどからクレドのようなもの、として
クレドと断言していないのもそのためです。

言葉書き出すだけなのですぐに終わるかと思いきや難航...。
作っては破棄し、作っては破棄し、
半年かかってようやく完成にこぎ着けました。

その時は13か条で、まとめるためにタイトルというかカテゴリというか
13個ひとまとめで呼べる名称を決めることとしました。

 名称に想いを込める
MAP経営にはMAP Value=行動基準があります。
”行動基準”を用いようとも思ったのですが、どうもピンとこない。 それで試行錯誤の末”私の行動指針”という名称にしました。

私は作った言葉の並びを目指す先を示す、
言い換えれば灯台のようなものにしたいと感じてました。
そこに基準という言葉がどうしても合わなかった。

考えて思ったのは”基準”も”指針”も両方大事にしようということ。
この時に頭に浮かんでいたのは中学の時にやっていた走り高跳でした。

高く跳ぶには当たり前だけど地面がしっかりしてないといけない。
ぬかるんでいる地面だと高くは跳べない。 バーに合わせて跳ぶ高さと方向をきちんと把握していないと記録は出せない。

私にとって”基準”は地面で”指針”が高さと方向、
基準を高くすることで高く跳ぶことができ、
指針に従うことで今自分はどこに向かっているかを測定する、
そんな形に落ち着きました。

悩みに悩んだ末の終着点でしたが、
だからこそ心の底から想…

【親密度の可視化】

イメージ
ご覧いただきありがとうございます。
MAP経営システム開発グループの森脇です。

以前Facebookにも投稿しましたが、私が就職活動を始めたときの希望順位が
1.システム業界 2.開発職種 3.大阪勤務
というような感じでした。

昨日コンサルティング業界に全く興味がなかったが説明会に行ったら興味出た、
との話を聞いて、自分も同じだなあと勝手に思った次第です。

面接や選考でいろいろと引き出していただいた
当時の面接をご担当いただいた方には感謝しております。


前置きが長くなりましたが、昨日こんなニュースがありました。

上司・部下の面談をIoTで効率化 会話データから親密度を測定
センサーが取得した会話データをクラウド上に転送して分析し、
人間関係の親密度などを数値化するシステム。
実証実験では、上司と部下が面談する際の発言の量、
長さ、テンポ、会話のトーン、会話に込められた感情
――といったデータを取得。やりとりの効率性を解析する。

面談する際の発言量やテンポなどをデータ化して分析、
視覚化できるようにするシステムのようです。

AIに面接の合否決定を担わせている会社も出てきていますが、
社内の人同士とはいえ、これも一つの形でしょう。

面接や面談で全てのことを聞き出すというのはかなり難しいと思うのですが、
面談者同士が親密度が低いというのであれば本音で話すこともないでしょう。
逆に高ければ他の人には話さないようなことも聞くことができるかもしれません。

昨今採用活動の難しさや心身の不調をきたす方も増えていると言われている中で
こういった角度からITが解決を導くというのは
また一つ技術が進歩した証拠なのでしょう。


個人の感情だけでなく対人間のあらゆるものが
今後可視化されていきそうな予感がします。
人間関係は正解がない故に難しいですが、
一つでも悩みが解決されるといいなと思います。

実家の家族とやってみたら点数低いとか出たら怖いなあ...。

ここまでお読みいただいてありがとうございました。
またよろしくお願いいたします。



<< 前記事 【日々勉強】 | TOP | 次記事 【名称を決める時】 >>

【日々勉強】

イメージ
ご覧いただきありがとうございます。
MAP経営システム開発グループの森脇です。

4月に受験した資格試験の通知が来ました!

正式な通知は合格証書が家に着いた時点なのですが、
Web発表では合格の通知をもらいました。
今回は本当にギリギリかと思っていたので一安心です。

資格の取得自体が目的でもないですし、ITの世界は日進月歩なので、
これからも学びはたくさんあるのだなと感じる次第です。

このブログを初めて2週間目に入りますが、試行錯誤の毎日です。
「何でこのレイアウトになっているんですか?」と聞かれ、調べてみると
「この機能いいじゃん!」と思って入れた機能で挙動がおかしくなっていたみたいです(泣)

内容やレイアウトも含め、見て楽しんでいただくために
どうすればという学びがたくさんあります。
さっき書いたみたいに失敗もしていますが...。

この記事読んでいる人多いな、とか
スマホで読んでいる人の割合はこれくらいか、とか
海外からのアクセスが少数あるな、とか
事実データを着々と積み重ねています。

先達者たちに学びながら頑張っていきますので、
今後ともお付き合いいただければと思います。

他のことでも日々勉強、日々実践で進みます。
勉強に追われるのではなく、追っていくことを続けていこうと思います。

お読みいただきありがとうございました。


<< 前記事 【ブログ名】 | TOP | 次記事 【親密度の可視化】 >>

【ブログ名】

イメージ
ご覧いただきありがとうございます。
MAP経営システム開発グループの森脇です。

週末いかがお過ごしでしたでしょうか?
私は土曜日に届いたCDを聞いて、図書館行って、
トレーニングしていたら終わってました。
今週もどうぞよろしくお願いします。

今日はブログ名について触れてみようと思います。

まず初めに『有限実効』というのは、有言実行をもじっただけの
私が勝手に言っているだけの造語です。
なので他の方が同じ言葉を仰っていても、
意味が異なるのでそこはご了承いただければと思います。

『有限実効』は私の行動指針(個人版クレドのようなもの)の1つにある
『有限実効の反復こそプロであると心得よ』の一部分を抜き取ったものです。

これは大学生の時に読んだ本の中で、小説家の方が語られていた
「どんな人でも一生のうちに売れる物語は書ける。でもそれはプロとは言わない。限られた時間の中で何度も成果(=売れる物語)を出せる人をプロと言う」
という言葉に感銘を受けて、自分なりの言葉で一文で定義し、行動指針にしたものです。

有限=限られた時間(やその他制約)
実効=効果のあること(=成果)を実らせる
反復=何度も

こんな感じで頭をひねってつくったのが行動指針の1つで、
(本来の意味での有言実行も繰り返しが大事という意味も込めています)
その一部がブログ名になったという経緯になります。

今までFacebookに投稿していて、ブログでより自分の想いを伝えるぞ、
ってなったときに、ブログ名が必要というのがハードル高かったです。
ブログの顔になるということでもありましたし。

でも自分の想いを込められる名前にしたい、と考えてしまえば、
そんなに選択肢もなかったように思いますし、
しばらくはこのままで行こうと思います。

お付き合いいただければ大変うれしいです。

ここまでお読みいただきありがとうございました。



<< 前記事 【システム開発の流れ】 | TOP | 次記事 【日々勉強】 >>

【システム開発の流れ】

イメージ
ご覧いただきありがとうございます。
MAP経営システム開発グループの森脇です。

システム開発に従事していながら、
関連することを全く書いていなかったので、
今日はその辺りに触れてみようと思います。
最初なのでシステム開発の基本というところでお話をいたします。


今回はシステムってどういうふうに作っていくの?という話です。

皆さんこのような図を見たことございますでしょうか。
(出典:情報処理推進機構)
システムをつくる場合、基本的にこの流れで行います。


家を建てることによく例えられるので、そちらの方がイメージしやすいかもしれません。


上流工程の中にある「要件定義」はどういう家を建てたいかということです。
2階建てがいいな、部屋の広さはこのくらいはほしい、などをここで決めていきます。

次の「システム設計」は設計図を作る段階です。
設計図なしに家を建てることがないように、システムも設計図をつくり、
本当にお客様が望む形が可能かどうかを検証します。

ソフトウェア設計」は人や材料を用意すると思っていただければと思います。
材料がなかったり、作業する職人さんに来ていただかないと、
家が建つことはありません。

プログラミング」は実際に家を建てる段階です。

ソフトウェア・テスト」は設計図通り作られているかを確認する段階です。
システム・テスト」も同じようなことですが
「ソフトウェア・テスト」では水回りなら水回り、
電気系統なら電気系統と別々に確認していたのを同時に確認し、
影響がないかなど確認していきます。

運用テスト」では発注者の方に最後確認していただく工程となります。


開発手法はさまざまありますが基本的にこのような形で進めます。

これを押さえておくと時々思う、
「こんな簡単な修正がなんでこんなにお金(や時間)がかかるんだ」
というのの理解が進みます。

どんなに小規模の修正でも、建物のリノベーションと同じだけの作業が必要になります。
まずは設計図を直す必要があります。
すでにある水回りや電気系統などに影響ないか全て確認が必要です。
次に材料を用意し、実際に作業します。
最後にすでにあるものに影響がないか実際に確認します。

本筋ではないので詳しくはまた別に触れたいと思いますが、
このシステム開発の流れを押さえているだけでいろいろと理解が進むと思います。

同じようなことは別の…

【基礎トレーニング】

イメージ
ご覧いただきありがとうございます。
MAP経営システム開発グループの森脇です。

ブログ投稿4日目になりました。
なんとか3日坊主と呼ばれる段階は超えました。
今後ともよろしくお願いいたします。

今朝朝礼のスピーチで「黒人はなぜ足が速いか」について、お話をいただきました。
ご本人はあまり興味ないことだと思いますが、と前置きしていましたが、私はかなり興味ありました。

私自身、中学校時代は陸上部、短距離走を専門にしていたので、
今でも短い距離を速く走ることには関心が高いのです。

そんな私の中学時代ですが、陸上部には二人の顧問の方がいらっしゃいました。
お二人とも全国大会に出たことがあるほど有名な方で、
なぜ公立の中学校に二人も揃ったのかと思ったほどです。

そんな方々だったのでその教えや言葉は今の私にも影響を与えています。

その顧問の方がお話してた中で印象に残っているのが、
走る練習は一日三本。あとは筋トレだけする」という言葉です。

実際の練習はそんなことはなかったのですが、込められた意味が考えさせられました。

ご本人が言うには、
試合で走るのは最大三回だから、三回全力で走れるかだけ確認すればいい。あとは基礎となる土台を鍛える。
ということだそうです。

当時はそんなに気にも留めていなかったのですが、今では少しわかってきた気がしています。

例えフォームが綺麗でも維持できなければ意味がないし、
走るのに一番必要な部分だけではなく、一見関係なさそうな部分を鍛える方が、
相乗効果があって結果的に速く走れたりします

そういうのもあったからなのか、陸上部なのに時々水泳やらバスケの練習日がありました。

また足を速く動かすのは腕の振りを意識するなど、
体同士の相乗効果は身をもって実感させていただきました。

少し違うかもしれませんが、スティーブ・ジョブズが語った
点と点をつなげる」というのと重なる部分あるのではと思います。

土台となる基礎の大事さと、一見関係ないことが近道になることもあるということを
この時に学んだ気がします。
思い出すきっかけをいただいた方には感謝です。
肝に銘じ、また頑張っていきたいと思います。


<< 前記事 【採用8割の法則】 | TOP | 次記事 【システム開発の流れ】 >>

【採用8割の法則】

イメージ
会社ホームページのリンクバナーの並びを見ると、諸先輩方の横に並んでいてプレッシャーがすごいです。
精進して参ります。
株式会社MAP経営ホームページ


今日は採用活動について書いてみようと思います。

今朝こんなニュースを見ました。
【売り手市場の悲劇:入社1年目退職した新入社員、第2新卒市場では門前払い】

リンク先の記事を要約すると、


・新卒で内定時に泣いて喜んだほどの会社で働きだしたが7か月で会社を辞めた。
・短期間で4回転職しエージェントからは案件がないと言わてしまう。
・就活用の自分、作り上げられた自分がシナリオになってしまっていた。

とのことで、企業側の採用活動の難しさとともに学生側の就職の難しさを感じます。
彼女のこれからが良くなることを願ってやみません。

長くなりましたが、ここからが本題となります。
このニュースを見たときにふと思い出したのが、Googleの採用と教育に関することで、
以下のような考えを持たれているとの記事を以前に拝見しました。


トレーニングに多くの費用を使っていることを誇らしげに語ることは、
そもそも適切な社員を雇えなかったことの証拠にすぎない」(2015/7/31)


もちろんGoogleでは教育に力を入れているのはいろんな場所で聞きますし、手を抜いているという話ではありません。
ただそれ以上に採用には力を入れているということだと、私は思います。


弊社では『採用8割の法則』を提唱しています。
代表のブログの言葉を借りますと以下の意味合いになります。


採用と育成のプロセスの中で「採用に8割以上のお金と時間と人を投入すれば、その後人材は勝手に育っていく」という考え方


比べるのも恐れ多いですが、これってGoogleと共通点があるのではとふと思った次第です。

今日本の採用市場は売り手市場と言われていますが、
採用する側もされる側も、採用段階できちんと互いのすり合わせをする必要があると感じます。

そのためMAP経営では選考段階でいろいろと要求することもありますが、
互いに自己実現を成し遂げるための一環です。

『中小企業の輝く未来を創造する』『未知を道へ変えていく』
MAP経営の理念にご共感いただける方とお会いできるのを心より楽しみにしています。
MAP経営リクルートサイト

<< 前記事 【字数制限】 | TOP | 次記事 【基礎トレーニング…